刈払機ドットコム

草刈りのプロが教えるおすすめ機械の選び方!

*

刈払機の各部名称

      2015/07/20

刈払機を購入したらまずは組み立てをすることになりますが、「ここの名前が分からない」ということがあるかもしれません。

正しく安全に使用するためには、機械の部位を理解する必要があるということです。

例えば、故障や調子が悪いときなどに修理に出すときにパーツの名前を知らなければ説明もできないでしょうし、購入することも難しくなりますのでぜひ覚えておいて下さい。

スポンサードサーチ

各部の名称

以下にて、部位を記しています。

刈払機の各部の名称(1から6)
刈払機の各部の名称(7から10)

  1. 刈刃
  2. ギヤケース
  3. 飛散防護カバー
  4. パイプ(メインパイプ)
  5. ハンドル(両手ハンドル)
  6. スロットルレバー
  7. 燃料タンク
  8. 点火プラグ
  9. エアクリーナー
  10. スターター

メーカーによって呼び名が変わることがあるかもしれませんが、一般的な呼び名ですから通じないということはまずないでしょう。

まとめ

刈払機は機械ですから当然定期的なメンテナンスが必要ですし、また故障も出てくるかもしれません。

場所の名前を覚えておくだけで、故障時の対応もスムーズに行えますし、部品取り寄せなどは楽に行えるようになるでしょう。

普段から車やバイクなどに乗っていて、機械にある程度強ければ難なく覚えることができますので、ぜひ名称は覚えておくようにしておきましょう。

 - 使い方