刈払機ドットコム

草刈りのプロが教えるおすすめ機械の選び方!

*

草刈機の選び方

刈払機と違い、広い面積の草を刈る際に利用すると楽なのが草刈機。

自走式エンジンとハイパワーで、刈払機より楽に草刈りできることが大きな特徴です。

実際に公共の入札(河川管理)や農家の方などは、作業効率がよく費用対効果にも優れている草刈り機を使用している方が多いように思います。

ここでは電動を除いて、エンジン式の自走草刈り機について、その特徴などから失敗しない草刈機の選び方をご案内します。

自走式草刈機の種類

自走式の草刈り機には、大きく分けて以下の2種類のタイプがあります。

  • ロータリーモア
  • ハンマーナイフモア

ロータリーモアは刈払機と同様、カッターブレードが地面と平行に回転することで、草を刈っていくタイプです。

一方のハンマーナイフモアでは、複数の刃が地面に垂直に回転して草をかきとる感じです。耕運機をイメージすると分かりやすいかも。芝刈り機のリール式もこの原理です。

それでは、各々どのような違いがあるのでしょうか。その特徴をみてみましょう。

ロータリーモアの特徴

刈払機にも用いられる、刃を地面と平行に回転させて切る一般的な構造です。

一軸のものが多いですが、オーレックのスパイダーモア(SP300Aは除く)など二軸構造のものも存在します。

ハンマーナイフより比較的安価で、刃の交換費用もハンマーナイフモアに比べて安く済みます。

小型のものも多いことから、一人で軽トラに乗せることも出来るタイプもあるので、初めて草刈り機を購入するときには、こちらのほうが敷居が低いでしょう。

ハンマーナイフモアの特徴

数十枚の小型刃を縦に回転させることにより、草を刈るというよりは、粉砕するようなイメージです。

厄介な刈り草を粉々にすることで、集草する手間がはぶけるので、景観などに配慮することのない広大な場所などには、とても向いています。

ただしロータリーモアより高価な場合が多く、メンテナンスも刃が多い分、費用がかかります。

また、その耕運機のような仕組みからか、土ぼこりがロータリーモアよりも多いので、注意が必要です。

自走式草刈機の選び方

まずはその使用用途を考えましょう。使用場所や面積、運搬方法や使用回数など。

例えば傾斜地が多いという方はスパイダーモアやカルマックスなどのロータリー式の傾斜草刈り機が向いています。

平面で広大な敷地ならば、中型のハンマーナイフモアが集草することなく便利です。

このようにご自身の草刈り用途にあわせて、ロータリーなのかハンマーナイフなのかを考える必要があるということです。

草刈機の選び方のまとめ

一口に草刈り機といっても動力や形状など様々な種類があり、選択するのは難しいのですが、大事なことはどのような使用用途で必要なのかということです。

ハンマーナイフモアやロータリーモアと括りが一緒でも、排気量によって馬力が違うと作業効率もかわってきたりしますので、選択を間違えては意味がありません。

ご購入の前にまずそれらをしっかり考えぬいて、失敗しない草刈機選びを行って下さい。

公開日: